県民をなめたらいかんぜよ!行政の不正・違法・腐敗に立ち向かう勇気と情熱と行動の記録

freetosa.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 09日

県立大学改革のあり方を問う会と17年前の住民運動に想う

まだまだ暑さが続く10月8日、「県立大学改革のありかたを問う会に」参加した。
高知女子大学と高知短期大学の教授らが中心となって開催したもので、地域の商店街の代表者や女子大生、短期大生などや地区会の代表の方も参加されるなど約50人ほどが高知女子大の教室に集まっていた。この中には県議会議員、市議会議員の先生方も一般に混じって参加されていた。2,3行ぐらいの新聞告知にしてはよく集まっていたと思う。

b0028390_0371085.jpg


 県民の一人として、一連の女子大移転や県立短期大学廃止に関する動きがどうもわからない。県民や地域、何よりも学生不在のまま計画が二転三転しさらには新知事が決まる前というのに、性急に予算案を可決して既成事実をどんどん作る必要がどこにあるのかがさっぱりわからん、といった声が会場でもやはり聞こえきたように箱物づくりがまず先行し、その設計思想やありかたを問う前に決められていくやり方が、本当の民主主義なのか、疑問を呈する声が予想通り多かった。

 この会議の中で色々資料が配られているのだが、これまでの県議会での審議や県と大学間との交渉がやはり学内でもオープンにされず密室内で進んでいった感はやはり否めないのだ。
女子大移転の問題は学内の不調和でもなく、県と大学間だけの問題でもなく、高知の街をどうしていくのか、といったマクロの中での民意を反映した地域づくり、都市計画であるべきなのだ。この視点に立てばもっと県民へ知らしめる説明責任は、県当局や事業執行者に求められるべきだと思う。

b0028390_038018.jpg


いよいよ10日では県議会の本会議で採決が予定されるなど、短期大学も含めたこの女子大移転問題は今週が剣が峰の様子で、当日会場で説明を求められた県議グループからは、10日には4日の企画建設委員会とは異なる動きに転ずる意向も示された。これについては近く新聞各紙等が発表するものと思われるので詳細は割愛する。

b0028390_0382053.jpg


いずれにせよ、私は今から17年ほど前、現知事が高知県に招聘された経緯にもなった手結港マリンタウン計画における住民運動を思いだした。当時もまさしく今と同じような箱物計画が先行し住民らのコンセンサスを得る前に工事が進められ、何十億という事業費予算が執行されようとしていた。
それに反対した住民らの一部が当時NHKで報道部長をしていた橋本大二郎氏に出馬を要請し、それがさらに県民全体に拡がって草の根選挙として盛り上がったのを今思いだしている。当時私も住民の意見を討議する場を設けることがまず大事であるとして、マラソン討論会と称したシンポジウムを開催した裏方の一人として、推進派、反対派らの意見を発表させ意見交換することにより、住民一人ひとりに、その計画の必要性を問うたのである。

まさしく歴史は繰り返すという。
奇しくもその橋本知事が最後の県議会で、この予算案の採決を含めた本会議を迎えるのも因縁深い。
この日のありかたを問う会でも、時間不足もあり参加者の意見がじゅうぶんに発表できず、不完全燃焼になった方もおいでになったものと思われる。しかしながら、今になってようやくこうした情報の共有が行われ、県民らの意思形成の場が初めて開かれたのだ。
このことの意義は大きいと思う。

b0028390_0384385.jpg


我々実行委員会が行う、13日のフォーラムではより多くの方が参加され、これらの問題も含めて県民がつくる県政を考える場として、県民の方々に多くの生の声を出してもらい、県民に事実を伝える場となれば、有り難いと思う。
まだまだ周知が行き届かず、どれだけの人が来てくれるのか予想もつかないが、主催者の一人として、17年前のあの時の熱い想いになることが出来れば、それが私たちのやり甲斐でもある。
9日正午からは帯屋町街頭で参加呼びかけをして、街ゆく人の反応を確かめたいと思う。

当日配布された資料1

参考新聞記事
共産会派一転反対へ 女子大移転(08:05)
[PR]

by ziyuu3 | 2007-10-09 00:40 | 高知女子大移転
2007年 10月 03日

とうとう高知県が電子掲示板(ぷらっとこうち)を廃止しました

やはり、というか、予想どうりだったというか、高知県は県政への県民参加の目玉事業として1千万円近くの経費を投じて運営してきた、公共電子掲示板「ぷらっとこうち」の廃止を決めたとのことである。その協議や発表も県庁内で密やかに行っており、最後までとうとう情報公開すらも果たし得なかった掲示板として県政史においても汚点を残す結果となった。

高知新聞の記事では、総務委員会でこの旨報告されたようだが、県議会議員の委員からは「そもそも県民(の定義)があいまいだった」などと批判が出た。」とのことである。

県 電子掲示板を廃止「県民参加」機能せず
http://203.139.202.230/?&nwSrl=218489&nwIW=1&nwVt=knd

橋本チルドレンを気取った40歳代県庁職員が当所自慢気に気焔をはいていた割には、第三者からの評価はお粗末な結果となり、大石宗議員の指摘に至っては「運営上の問題だけではなく、「官」がやるべきだったのかという問題も含めて総括すべきだ」と鋭くて核心をついたコメントが際だち、このぷらっとこうちをリードしてきた県庁職員をはじめ運営委員と称したメンバーの稚拙な企画調整能力やそもそもの詰めの甘さが、客観的に見ればまさに映し出された結果となった。

県民と対話すると言いながらも、県民を徒に排斥し、拒否し続け、公平な審判機能も持ち合わせていないまま、独善的な運営を行った結果、民事訴訟や公金監査請求を何度も起こされるという、本来の理想からは遠く離れて行ってしまった。
その軌道すらも修正できない無能力な県職員らに運営を委ねた結果、またしても橋本知事が推し進めてきた県民参加の政策は、結果としてはまたもや無駄金を使い果たし、さらに幾度も失敗を重ねるという皮肉な結果となった。
8月半ばに出した知事自身のコメントでさえも、当事者意識はなく、今読み返してみてもあいかわらず無責任な論調であることは否めない。

いずれにせよ、知事が言うほど県庁は、県職員の本質は変わっていないのではないかという印象を、さらに強くし、同じく高知新聞に掲載された、ぷらっとこうちに対しての武石議員のコメントを見ても同様に感じた。執行部の総括不足は、やみ融資をはじめ一連の不祥事と言い、この問題に限らず今に始まったことではないのだと思う。


参考資料:
「ぷらっとこうち」について
平成19年10月3日
高知県総務部県政情報課長 片岡克夫

「自治を考える風おこし事業」(ぷらっとこうち)の検証について (PDF)
[PR]

by ziyuu3 | 2007-10-03 23:43 | 高知県の公共掲示板