県民をなめたらいかんぜよ!行政の不正・違法・腐敗に立ち向かう勇気と情熱と行動の記録

freetosa.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 28日

ぷらっとこうちが3月末をもって閉鎖されます。

 平成19年2月27日から3月26日にかけて暫定的に再開されたものの、とうとう19年3月末をもって閉鎖されるようです。(県は休止するとの発表ですが)
さらに、ぷらっとこうち担当の県政情報課長とチーフの両名とも4月からこの課を離れることとなった様子です。まさかぷらっとこうちをめぐる一連の裁判や監査請求の影響とは思えませんが、なんらかの事情や上層部からの意向があったのでしょうか。

これまで1千万ほどの県費をかけて運営されてきましたが、最後にあっさりと幕を引いたところに県庁の本音がとうとう顕れてしまいました。
県知事の想いとは裏腹に、県庁内部ではこの電子掲示板を活用して県政に生かすことは、本当はやりたくなかったのかもしれません。
県民からのアンケートの結果と比べてみるとよくわかります。
http://www.plat-kochi.com/upfile/1-1317.pdf

振り返ると、私としてはこのぷらっとこうちでの登録抹消問題を通じて、応援をいただいた方や県民の方々の高知県に寄せる熱い思いを知ることが出来ましたし、たくさんの方と交流でき貴重な人脈も増えました。
これが私にとっては大きな財産価値となりました。
高知県を愛し何とかしたい県民の方々にとっても、おそらくそうであろうと思います。

いろんな意味で、高知県の活性化を阻害するもの、高知県庁の体質、県民と接する行政のありかたなど、この掲示板の記録を見れば示唆するものが多く残っていますが、残念ながら閉鎖になるので、それらの記録もいずこへと消えていくのでしょう。
でも私たち県民の心のなかには永遠にずっと残り続けると思います。

ぷらっとこうち、ありがとう! おかげで私は高知県の真実を知ることができました。
[PR]

by ziyuu3 | 2007-03-28 23:37 | 高知県の公共掲示板
2007年 03月 02日

高知県民の最大関心事にぷらっとこうちを最大限に活用しましょう!

ぷらっとこうちが、ようやく1ヶ月間の暫定期間だけですが再開されたようですね。

もっとも私は登録抹消されていますので、意見すら書き込めませんが・・・。

私も参加した「再開を要望した署名活動」の効果もあったとは思います。
が、あえて言わせていただくと、ぷらっとこうちの開設費用にかかる「住民監査請求」のボディーフロー効果もじわじわ利いてきたのではないかと思います。

市民オンブズマン高知の方々と私も連名で提出した、住民監査請求の結果は「棄却」にはなりましたが、県議会議員をかねる監査委員に対し実状を理解していただき、なおかつ所管の県総務部をはじめ県の上層部においてもこの件に関し協議していだいたことが明らかです。

このたびの住民監査請求の経験を経て、多方面に多角的手法で攻めていくことが効果的だと私は思いました。

いま県民の多くが問題にしている「東洋町の高レベル放射性廃棄物最終場」問題に関する議論を行う会議室を申請されることを私も支持いたします。

リアルな実践活動とリンクされて、行われるぷらっとこうちでの会議室のやりとりは全国的にも話題となるチャンスも出てきましょう。
それゆえこの提案は時機を得たもので、誠に意義あるものです。高知県の公的な掲示板だからこそ意味があるのです。

もともと、ぷらっとこうちは、県民の方々がこうした身近な県政の問題をあれこれと議論するために出来たものと私は理解していました。
ごく身内どうしでどうでもよいような世間話をするために設置された事が目的ではなかったはずです。

その意味で一部有志の方が提案なされている会議室申請は、本来の活用目的に沿ったもので当然県民の多くが最大限に利用可能なはずのものです。
ぷらっとこうちは、高知県が1千万円近くの県費を投じて開設されているもので、私どもの主張どうり「県民の財産」です。
そうした意味で、ぷらっとこうちの停止期間における県財産の活用のありかたを問うたのが、私たちの住民監査請求でした。

ぜひ多くの方が議論の場に参加されることを期待しています。
[PR]

by ziyuu3 | 2007-03-02 17:32 | 高知県の公共掲示板