県民をなめたらいかんぜよ!行政の不正・違法・腐敗に立ち向かう勇気と情熱と行動の記録

freetosa.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 23日

住民監査請求に関する請求人及び執行機関の陳述が行われました。

07年 1月22日13時00分から高知県庁北庁舎2階南監査室で住民監査請求に関する請求人及び執行機関の陳述がありました。

これは平成18年12月28日付けで受け付けたインターネットホームページ「ぷらっとこうち」に関する住民監査請求を受けて地方自治法第242条第6項及び第7項並びに監査委員が定めた「住民監査請求にかかる陳述等の取扱基準」の規定に基づいて、請求人及び執行機関の陳述を聴取したもの。

当日は請求人3名がそれぞれ請求書記載事項を補足し陳述を行った。

本件 住民監査請求について

請求の趣旨
高知県知事は、ぷらっとこうちの運営管理者(県政情報課長 土居 寛道)に対して、ぷらっとこうちの開設費用5,006,700円の返還を求めることを請求する。
請求の理由
 1. 当該管理者の職務懈怠により、平成18年8月24日より高知県および県民が意見を書き込み出来ないことは、県有財産である電子掲示板「ぷらっとこうち」の財産価値を消滅させ、その開設費用を負担した高知県に損害を生じさせたものである。

 2. 「ぷらっとこうち」は平成18年8月24日より当該管理者が故意に参加登録者たる県民の意見の書き込みを停止しているが、停止を必要とする合理的理由は存在しない。
 平成18年8月24日付けの「ぷらっとこうち一時書き込み停止のお知らせ」で述べられる「一部の参加者の方々によるニックネームを特定しようとする書き込みや運営の妨害とも取れる書き込み」が、その原因であればそれぞれ個別に対応は可能であり、なにも全体の利用を止める必要性はない。また「運営に関して法的手続きもとられている現状を考慮」する必要性も認められない。

 3. 当該管理者が職務を怠ったことにより、ぷらっとこうちの財産価値が無くなったため、高知県に損害が発生したので、当該管理者にその開設費用5,006,700円の返還を求めるものである。

 4. なお、ぷらっとこうちの事務局は高知県総務部県政情報課の職員があたっている。
詳細はおって口頭で陳述する。
地方自治法第242条第1項により必要な措置を講ずべきことを請求する。

という住民監査請求の内容であった。

これに対し、執行機関たる県政情報課長の陳述が行われた。

この中で、県政情報課長はぷらっとこうちについては、著作権を有し財産価値があるとの陳述を行った。
請求人らは県民が意見を書き込み出来ないことは、県有財産である電子掲示板「ぷらっとこうち」の財産価値を消滅させ、損害を発生させたものであるとし、開設費用を負担した高知県に損害を生じさせていると主張している。

この日の陳述では請求人、執行機関の陳述共に録音され後日記録として残されることになる。

今後、監査委員の監査結果が注目されます。
なお監査委員は以下のとおり。
 武 石 利 彦  議員(非常勤) 平成17年4月1日
 黒 岩 正 好  議員(非常勤) 平成18年4月1日
 坂 本 千 代  識見を有する者(非常勤) 平成18年4月1日
 奴田原  訂   識見を有する者(常勤)  ※監査委員長
[PR]

by ziyuu3 | 2007-01-23 00:17 | 高知県の公共掲示板
2007年 01月 12日

ぷらっとこうち開設費用につき監査委員会の監査が行われます!

昨年の12月28日に提出した住民監査請求を受けて、高知県監査委員会は監査を行うことを決定したもようです。
したがって監査委員会における陳述日が決まりました。
1月22日(月)13時より、高知県北庁舎2F監査委員会にて請求人(訴えを起こした方)の陳述が行われます。
同日のその後に、住民監査請求の対象となった高知県職員である県政情報課長の陳述が行われます。
県民のみなさん、よろしかったら傍聴してみてください。
傍聴は事前に申込まなくても当日参加できます。受付は同庁舎2Fの監査会場前にあります。住所・氏名等を書くだけです。カンタンです。

住民監査請求による監査は、県の執行機関又は職員の一定の財務会計行為又は怠る事実について、県民の方からの監査請求を受けて行っているものです。
監査委員は高知県のために知事の指揮監督から職務上独立し、常に公正不偏の態度を保持して監査を実施されています。これまでよこはま水産の問題や県警の捜査費問題についても厳然とチェックをされています。非常に重大な役割を果たされ頑張っておられます。
監査委員会は県民にとっても非常に頼りになる存在といえましょう。

http://www.pref.kochi.jp/~kansa/index.htm
[PR]

by ziyuu3 | 2007-01-12 22:38 | 高知県の公共掲示板
2007年 01月 07日

平成19年1月5日(金)に知事は県政情報課と意見交換を!

高知県知事の公式ホームページを見ると年始めに県政情報課と意見交換をおこなっている。

知事の動き(平成19年1月)
平成19年1月5日(金)
11:10~ 県政情報課との意見交換 知事室

いったいどのような意見交換をしたのだろう?しかしながらその後ぷらっとこうちには何の変化も起こっていない。あいかわらず税金の無駄遣いがそのまま行われている。
事務局の人件費も含めると膨大なものになってくるだろう。
あるものを使わないのは、「ほんとうにもったいない!」というのが庶民のごく普通の感覚でしょう。

県政情報課長はこのまま3月までぷらっとこうちの閉鎖を続けるために時間稼ぎをしていると思われてもしかたがないだろう。12月10日に検討をしているとHPトップで表明をしているにもかかわらず、いまだその後、検討の結果も含めた動きを県民に対して全く示していない。
[PR]

by ziyuu3 | 2007-01-07 08:40 | 高知県の公共掲示板
2007年 01月 02日

ぷらっとこうち停止措置にかかる住民監査請求にあたって

平成18年8月24日に「ぷらっとこうち」の登録参加者全員の書き込みが停止されてから、100日間以上も経過しました。その後も停止措置はずっと続いています。
年間の4分の1を超え3分の1近くの日数分が、本来の利用ができないままになっています。その原因としては不正アクセスを受けたわけでもなく、サーバーがダウンして故障しているわけでもありません。すべて人為的な意図によって停止措置が行われています。

ぷらっとこうち運営会議が、その停止にいたった経緯を8月24日に発表していますが、それを見ても高知県と県民の書き込みを停止するに相当な合理的理由は存在していません。
これらは所管の県政情報課が職務を怠ったまま、故意に不作為で放置していること自体が、その原因であります。
本来であれば県民が利用できる財産がまったく使われず、県民の意見が書き込めない状態がずっと続いています。県財政がきびしい折、誠にもったいない限りです。
開設費用500万円は、すべて県費にてまかなわれており、「ぷらっとこうち」は高知県が所有する公用財産です。

運営にあたって参加者の一部が運営委員と称して任意に集まって組織していた「ぷらっとこうち運営会議」がこれまで意見交換や協議をおこなっていましたが、この集まりは県のどの部署からも運営管理にかかる委託契約も委嘱状さえも受けておりません。(この組織は11月末日で解散しました。)
本来の運営管理者である県政情報課長は、これまで運営管理権限がその「ぷらっとこうち運営会議」にあるとして、その管理責任を転嫁し、上記の運営会議が行う違法若しくは不法行為を放置し、自らの職務も故意に放棄したまま不作為を続け、この先もいつごろ再開するのかといった目処すらも示しておりません。

これは他の事件においても共通する、県職員のずさんな公金管理の体質そのものであり、公務員としての職務に対する使命感が欠けていると云わざるを得ません。
これらの事実を知るにあたり、私たち県民有志は12月11日に「ぷらっとこうちの書き込み再開について」の陳情書やメールを十数通高知県知事宛に提出させていただきました。
その後の経過を注視して再開への期待をしていましたが、残念ながら具体的な再開に向けての目処すらも発表されませんでした。

県職員一部の独自の判断だけでこのような停止措置が続けられることに対し、わたしたち県民は納得できません。そして今後も停止が続けば続くほど、開設費はもとより本年度のサーバー委託管理費とも合わせて高知県の損害はさらに大きくなるでしょう。

そこで、地方自治法第242条第1項により、県財産の管理を怠る事実により、高知県監査委員会の監査を求め、高知県がこうむった損害を補填するために必要な措置として「県知事は当該運営管理者である県政情報課長土居寛道氏に対して、その開設費用5,006,700円の返還を求めることを請求する。」住民監査請求書を提出するに至った次第です。
[PR]

by ziyuu3 | 2007-01-02 23:16 | 高知県の公共掲示板