<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 10日

高知県知事外2名を相手に「地位保全仮処分命令申立書」を提訴!

言論の自由と個人の人権と尊厳を守るために・・・・。

私のこのたびの決意について ~自由民権の灯と自由な土佐を守るために~

私は、高知県の電子掲示板「ぷらっとこうち」から二度にわたり発言を削除され、15年発足当初にも参加登録停止処分を受け、現在なおまた登録抹消処分を受けました。
でも私には、参加登録を抹消されるような理由については存在しません。
当局の一方的な断定のもとにいわれも無き処分を受けてしまいました。

このたびの「ぷらっとこうち」運営者の暴挙に対し、その言論弾圧に屈しないためにも、郷土の先人がかつて血を流し獲得してきた、自由民権の灯を、言論の自由をこの手に取り戻すために、大好きな自由な土佐を守るために、私は大きな決断をいたしました。

「検閲に臆して個人の人権と尊厳を失う事なかれ。」

私は8月8日、暑い日ざしの中高知地方裁判所に「地位保全仮処分命令申立書」を提訴してきました。

提訴の相手方(債務者) 敬称略
■高知県知事 橋本大二郎(担当課)県政情報課 (課長土居寛道)
■ぷらっとこうち運営会議(代表者)議長 松尾晋次

  運営会議委員名簿 ※登録抹消当時 運営委員14名(その後1名辞任)
  (2006年7月28日現在)
  大木達榮
  片岡 淳
  竹村朱美 高知県県政情報課チーフ(県民参画推進担当) ※現担当者
  知名 誠
  萩野由夫 ※副議長
  松尾晋次 高知県政策推進課企画監(人口構造担当) ※議長(代表者)
  松岡好江
  宮地北斗
  森木 隆 ※副議長
  山中誌朗 ※前議長
  山本千香子 高知県保健福祉課チーフ(地域支え合い推進担当) ※前担当者
  横山 拓
  好浦 こう一(*)
  (こう=「かねへん」に「光」)

ぷらっとこうちの名簿にある県職員7名を含むぷらっとこうち事務局(構成員11名)

  事務局名簿(2006年7月28日現在)
  河野和弘 高知県人事企画課主任
  竹村朱美 高知県県政情報課チーフ(県民参画推進担当) ※現担当者
  田中芳輝 高知県県政情報課主幹
  知名 誠
  西村悦一
   ※ぷらっとこうちホームページ保守管理委託契約の受託者(内部請負か)
  萩野由夫
  弘田 均 高知県人事企画課企画監(経営品質担当)課長補佐
  松尾晋次 高知県政策推進課企画監(人口構造担当)
  ※運営委員会議長
  森木 隆
  森本絵里 高知県県政情報課主事
  山本千香子 高知県保健福祉課チーフ(地域支え合い推進担当) ※前担当者

申立ての趣旨、内容など、詳しくは同申立書に書きました。
後日その内容は相手方には送達される予定です。

いま高知県の公共電子掲示板、「ぷらっとこうち」は県民の声を塞ぎ、県民を排除し、自由な意見たる県民の書き込みの検閲を行っています。
これは、とても恐ろしい事態だと思います。
これから私は、一個人として県政情報課をはじめ組織と相対峙する裁判を争い、将来さらに幾多の苦難やいっそうの弾圧を受けることになろうかと思います。

一人で立ち向かうには力不足の私ですが、幸いなことに私には応援をしていただける仲間や友人たちがいます。実際に訴訟などを起こさないにしても、心のレジスタンスを続けていらっしゃる人たちがいます。そんな皆様のエネルギーが私に大きな力を与えてくださり、私が皆様になり代わって今回の訴えを起こす気持ちを奮い起こしてくれました。支援者の熱い想いが、私に勇気を持つことの大切さを教えてくれました。

県議会議員のある方は、このような登録抹消(除名)がいとも簡単に行われていたことに大変驚いていました。またぷらっとこうちの除名を回復するには裁判しか県民に手段が無いことを嘆いていました。
県職員がこうした県民を排除することの打ち合わせを県庁の会議室や公用の設備を使い、公務で行っていることを初めて知ったようです。
ぷらっとこうち自体を改革しなければという点では意見の一致をみました。

「自由は土佐の山間より」と言われるように自由民権運動はこの土佐より始まりましたが、平成の時代にこの土佐であろうことか、いま自由民権の灯が消されようとしています。
このたびの提訴は公共の場から追放され、しかもこのままでは名誉を失墜されるためやむなきに至った次第です。
私どもは時代を超えこの高知から、「自由民権の灯り」をともし続けていくためにも、「ぷらっとこうち」運営者に私どもの参加登録抹消を取り消すよう、対抗していく所存です。皆様のご支援、ご理解に感謝申し上げます。
私のつたないメッセージを最後までお読みくださってありがとうございました。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-10 00:49 | 高知県の公共掲示板
2006年 08月 08日

高知県ぷらっとこうち参加登録抹消にかかる地位保全仮処分命令申立書を提訴

8月4日の市民オンブズマン高知ぷらっとこうち監査請求に引き続き、平成18年8月8日竹内隆志こと私は、高知地方裁判所に以下の仮処分命令申立書を提出しました。

地位保全仮処分命令申立書の要約は以下のとおりです。
取り急ぎお知らせいたします。

-----------------------------------------------------------------------

地位保全仮処分命令申立書

平成18年 8月 8日

高知地方裁判所 御中
債権者竹内 隆志  印

事件番号 高知地方裁判所 平成18年(ヨ)第35号 18.8.8
事件名地位保全仮処分命令申立事件
当事者の表示
債権者
高知市  竹内 隆志

債務者
高知県知事 橋本大二郎
(担当課)県政情報課

ぷらっとこうち運営会議
(代表者)議長 松尾 晋次

ぷらっとこうち事務局

申立ての趣旨
債権者が「高知県の公共電子掲示板ぷらっとこうち」(以下、「ぷらっとこうち」という。)に書き込みができることの参加登録者の地位を有することを仮に定める。
との裁判を求める。
申立ての理由

第一 被保全権利

   中略

債権者が県民の自由な意見たる書き込みが出来る権利や、地域活動を広く周知するための「情報告知板」を利用できる権利を債務者は債権者から奪う理由は存在しない。

よって債務者は、すみやかに債権者の「ぷらっとこうち」参加登録を復帰させるよう地位保全の仮処分を申し立てる。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-08 21:29 | 高知県の公共掲示板
2006年 08月 05日

事務局員への委託無効か!ぷらっとこうち維持管理委託料

8月5日の高知新聞の他、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞各紙でもこの住民監査請求の記事が同日掲載された。
「自己契約」にあたる委託契約の方法が随意契約で行われ、競争性もなく、きわめてずさんなやり方で行われていることが市民オンブズマン高知の調べでわかった。

このぷらっとこうちの管理運営にあたっては、運営委員名簿、事務局員名簿のとおり、高知県職員が公務として相当数関わっており、それにしては誠にお粗末な実態が明らかになった。
http://www.plat-kochi.com/first/index2.php#i3

以下にあるように、これだけ多くの県職員が各部局から多数関わっていながらこの有様である。事業にあたる組織体制も含めて、事務処理上でも、その無責任な執行体制があきらかになった。
先頃は県職員が相当数県税である自動車税を払っていない問題があったばかり、厳しい県財政のなか業務に取り組む県職員の姿勢自体を問う結果にもなろう。

監査請求では、違法な支出にあたる委託料の支払い差し止め、すでに業者に支払われている場合には県への返還を求め、県に返還されないときには委託料を支出した県職員による返還を求めている。

現在、ぷらっとこうち運営委員及び事務局員として関わっている県職員は以下のとおり。

【運営委員】
竹村朱美 高知県県政情報課チーフ(県民参画推進担当)
松尾晋次 高知県政策推進課企画監(人口構造担当)
 ※運営委員会議長
山本千香子 高知県保健福祉課チーフ(地域支え合い推進担当)

【事務局員】
河野和弘 高知県人事企画課主任
竹村朱美 高知県県政情報課チーフ(県民参画推進担当)
田中芳輝 高知県県政情報課主幹
弘田 均 高知県人事企画課企画監(経営品質担当)課長補佐
松尾晋次 高知県政策推進課企画監(人口構造担当)
 ※運営委員会議長
森本絵里 高知県県政情報課主事
山本千香子 高知県保健福祉課チーフ(地域支え合い推進担当)

※ぷらっとこうち事務局は高知県総務部県政情報課内にある。
 県政情報課長 土居寛道
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-05 21:40 | 高知県の公共掲示板
2006年 08月 05日

新聞にも「ぷらっとこうち」監査請求の記事が掲載される!

2006/08/05付高知新聞朝刊社会面に

 県HP管理で内部請負

 オンブズが監査請求 業者との契約違法

との見出しで記事が掲載されました。
見積もりをこの業者からしか取らずに随意契約している上、業者は委託内容や予算額を事前に知ることができ、競争性がまったくないーなどとしている。

また、市民オンブズマン高知の森武彦さんが住民監査請求の要約をぷらっとこうちの掲示板に掲載されました。

http://www.plat-kochi.com/bbs/details.php?theme=9&roomno=736&pritype=list&parent=64#messp736-64

http://www.plat-kochi.com/bbs/details.php?theme=9&roomno=736&pritype=list&parent=65#messp736-65

[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-05 07:40 | 高知県の公共掲示板
2006年 08月 04日

ついに住民監査請求を起こされてしまった!「ぷらっとこうち」

「ぷらっとこうち」ついに住民監査請求を起こされる!

高知県の18年度県政情報課「自治を考える風おこし事業」でのぷらっとこうちのホームページ保守管理委託契約に不適切な契約手続きがあったとされ、8月4日とうとう市民オンブズマン高知の3名から住民監査請求を起こされていたのがわかった。

住民監査請求書(高知県職員請求書)
http://www.plat-kochi.com/upfile/0-1282.jpg

請求の趣旨、請求の理由等については、森武彦氏が、同日「ぷらっとこうち」の掲示板にスキャンした画像を載せている。
http://www.plat-kochi.com/forum/details.php?theme=1&roomno=640&pritype=list&parent=118#messp640-118

もしかしたら、上記の文章もぷらっとこうちから削除されるのかもしれないので保存しておくことを勧めます。ありえます。他の方の意見も同様です。

同住民監査請求書によると、地方自治法第242条第一項により必要な措置を講じることとされています。
監査委員の監査や勧告は、住民監査請求があった日から60日以内に行う必要があり、60日以内に監査を終了し、勧告する場合にはこの期間内に行わなければならないとされています。今後の動向(風向き)がますます気になってきます。

これまで好き放題権力をふりかざし、言論弾圧や表現の自由の封鎖や検閲を行ってきた、「ぷらっとこうちの運営体制」にいよいよメスが入るきっかけになったのかもしれません。

県民との協働を促すためのぷらっとこうち、何かと県民との軋轢や摩擦が多いようです。

運営経費は高知県の「自治を考える風おこし事業」で「ぷらっとこうち」の保守管理にて県費で支出されています。

今後ともに自治の風どころか、県政全体に嵐を引き起こしかねないとも予想されます。

住民監査請求を起こされたことの重大な意味あいを関係者はもちろん、この事業をすすめてきた高知県知事にも深く感じていただけないと、さらに多くの犠牲者を増やさないとも限りません。
現在2名の県民が言われも無き理由で参加登録資格を抹消され、3名以上の県民の意見たる書き込みが数件以上削除されています。

本当にこの現実を関係者一同で一緒に感じなければならないだろうと思われます。
日が経つ内に、その設置目的や理念とは裏腹に新たな不名誉な事実が浮かび上がり、誠に恥ずべき事態だと一般の方は思わざるを得ません。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-04 23:08 | 高知県の公共掲示板
2006年 08月 04日

ぷらっとこうち参加登録抹消に係る削除された発言内容です。

このたび「参加登録抹消」にかかる、発言削除された5月12日にぷらっとこうちへ投稿した私の投稿文の内容です。

ぷらっとこうち トピックス にある

竹内隆志さん及び西村健一さんの参加登録抹消に関する経緯報告 に
http://www.plat-kochi.com/topics/details.php?parent=901

平成18年7月24日付「ぷらっとこうち運営会議」名で以下のように書かれています。

>平成18年5月12日に、・・・・竹内さんは、西村さんと同じ文書に加えて、
>平成15年9月15日に削除された書き込みを掲載したご自身のサイトに
>リンクを張る書き込みをされましたので、運営会議では、慎重に検討した
>結果、当該書き込みを削除しました。

以下は、高知県のぷらっとこうち運営会議が「ご自身のサイトにリンクを張る書き込み」と主張され削除された、その文章の内容です。
これを削除すべきものかどうか、とくとごらんください。

これぞ、言論の自由を奪う、本当におそろしい現実です。

--------------------------------------------------------------------------------

[654-14]高知県行政経営改革室が「県民の発言権をはく奪した」事実 自由 
2006/05/12(金)15:20:26

発言元>654-0

日本国憲法について考えましょう

とありましたので、憲法といえば、私自身が3年ほど前に高知県行政経営改革室から受けた弾圧的行為というべき発言権停止処分を受けた事を思い出しました。
(平成15年当時 ぷらっとこうちの事務局は当時の行政経営改革室が担当。今日ではその部署は廃止されている。)

くわしくはこちらのブログに記録して、その高知県総務部行政経営改革室から送られてきた書類の写しについては事実を明らかにするため、記録として示していますのでご覧いただければ幸いです。

高知県行政経営改革室が「県民の発言権をはく奪した」事実を伝えるブログ
http://freetosa.exblog.jp

日本国憲法第11条、第13条、第14条、第17条~第21条にて保護されるべき国民の権利に反して行われた高知県行政の処分に対し、深く受けた心のキズとして残っている私には忘れることはできません。当時これらの処分に関わっていた人の一部の方たちが現在もこの公共掲示板である「ぷらっとこうち」の運営に委員としてあたられているようですね。

「品川正治(まさじ)さん講演会について」
残念ながら私は仕事のため参加することができませんが、自由や人権はけっして失われてはならないものですね。
関係者の皆様、講演会のご成功をお祈りします。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-04 01:22 | 高知県の公共掲示板