<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 28日

とうとう改革派知事はいなくなってしまったのか?

ぷらっとこうちが突然に閉鎖されてしまってから、5日経った。
表向きは静かになっているようだが、高知県が行った処分行為に私たち県民ブロガーの失望感は言葉にならないほど深い。呆れはてて投書やメールなどする気も起こらない。

ぷらっとこうち、橋本知事は初心に還れ
http://plaza.rakuten.co.jp/dochinn/diary/200608270000/

上記の方のブログを読んでいても、確かにそう思う。

もう高知県政には適度な期待を抱くことは無理かもしれない。
改革派知事なんて言葉はとっくの昔の頃の呼び名だろう。
もともとそんな者はいなくて、しょせん庶民が勝手に抱いていた幻想に過ぎなかったのだろう。
宮城県の浅野知事は退き、長野県の田中康夫知事は落選した。
現役で残っているのは橋本知事ぐらいになったのだろうが、私の知りうる限り改革派知事と呼べる人は、もうどこにも誰もいないだろう。
最近の滋賀県知事や各地方の選挙結果をみると、地方政治の歴史の一つの転換期を迎えたのかもしれない。

現知事にはかつて出直し選挙で支持を受け、再三戦った対立候補を打ち破った自信があるのだろう。
このたびぷらっとこうちに寄せる「長文でつづった知事の思い」とは裏腹に、事実上部下が閉鎖処分を取った行為を知事も結果的にそれを黙認しているのだろうと、今となってはそう思わざるを得ない。

高知県が変わる!県政がもっと身近になる!と思っていた私たちの期待はもはや立ち消えたのかもしれない。

ぷらっとこうち 書き込み停止や登録削除事件よりもっと重大で深刻な事態が進行していることを、私たちは感じざるを得ない。
こたびの一連の出来事は、高知県民にとってはより深刻で大変なことを気づかせてくれたのかもしれない。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-28 23:20 | 高知県の公共掲示板
2006年 08月 24日

ぷらっとこうちが突然閉鎖され、参加登録した県民全ての発言する権利が奪われました。

平成18年8月24日ぷらっとこうち運営会議のみの判断により、とうとう高知県民のための掲示板「ぷらっとこうち」が突然閉鎖されました。

b0028390_23454213.jpg

県民の税金を投じて県費を約1千万円も投じた県民共有財産でもあるべき公共掲示板が一般参加者の意見を問うこともなく、一方的な判断のもとに閉鎖されました。
誠にゆゆしき事態だと思います。
せっかく橋本知事が時代を拓く「協働のメディア」は、いかにあるべきかという記事をぷらっとこうちや県知事の公式サイトに掲載し、これから県民と協働の道を創られようと熱い想いを語られていたのに残念です。
誠にせんかたなし、かねがね報じていましたように、高知県は県民参加の県政の場を自ら閉鎖したことになります。土佐の自由民権や言論の自由はついに禁じられたも同様です。
全国の皆様、この事態をどういうふうにお感じになりますか?

平成18年8月24日ぷらっとこうち運営会議名でぷらっとこうち一時書き込み停止のお知らせ
http://www.plat-kochi.com/practical/details.php?parent=930が出されました。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-24 22:32 | 高知県の公共掲示板
2006年 08月 17日

私たちの思いは「言論の自由」を返してください、ということ。

橋本知事の投稿文は、高知県知事の公式ホームページにも以下のとおり新着情報として掲載されていました。
http://www.pref.kochi.jp/~hisho/chiji/index.htm

8月16日 時代を拓く「協働のメディア」は、いかにあるべきか
(高知県のための掲示板・フォーラムサイト【ぷらっとこうち】に関して、知事が思いを寄せた投稿文章です。)


でも私には、今もなお「ぷらっとこうち」に県民として感じたこと、思ったことを書ける権利がありません。7月13日以来ずっと奪われたままになっています。

しかも県の公共電子掲示板なのにそれを取り戻すには裁判の方法しか手段が残されていません。それで仕方なく参加登録者としての地位保全の仮処分命令の申立てをしています。
私の要求は「言論の自由」を返せ、というごく普通の県民としての権利の訴えなのです。

「言論の自由」を奪われた悲しさやもどかしさはその身にならないとわからないでしょうね。まして私たち庶民とはかけ離れた地位や環境にある知事には思いもつかないことでしょう。

敢えて言いますが、私が参加登録抹消になる具体的理由はどこにもありません。

ぷらっとこうちトピックスはあること無いこと、偽りの内容が一方的に書かれています。これに書かれていることは真実ではありません。
http://www.plat-kochi.com/topics/details.php?parent=901

名誉毀損であり、言うなればこれこそ誹謗中傷といえるものでしょう。

掲載前に登録抹消が行われたので私には反論する機会すらありませんでした。

気に入らないから無いことをあるかのように見せかけて処分したのが、今回の一番の問題とされるところです。3年前とかの話を持ち出してごまかしていますが、処分を行う時点で参加登録削除理由があるかどうかが一番問題なのです。

もちろん3年前のことにしても、非があるからこそ、その関係文書を公開されると困るから、約束違反して公開したことを処分理由としたものでしょう。

公開をしないと約束したことはまったくありません。
自ら所有する文書をインターネットで公開してはいけないと言ってくること自体がまったく不合理な話です。

皆さんは県がやっているから、複数で決めているから間違いないのではないか
と思われるかもしれませんが、現実にこうしたやり方は、体制の権力が強まれば強まるほど権力にはびこる集団が起こし得る、危惧されるべき行動結果なのです。
「チルドレン」というのはこの集団を差していることなのです。

過去の歴史でも証明されています。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-17 08:30 | 高知県の公共掲示板
2006年 08月 16日

橋本県政15年、橋本チルドレンも立派に育って欲しい

私は、今もなお「ぷらっとこうち」に県民として感じたこと、思ったことを書ける権利がありません。7月13日からずっと奪われたままになっています。しかも県の公共電子掲示板なのにそれを取り戻すには裁判の方法し残されていません。それで参加登録者としての地位保全の仮処分命令の申立てをしています。私の要求はごく普通の県民としての権利の訴えなのです。

「言論の自由」を奪われた悲しさやもどかしさはその身にならないとわからないでしょうね。まして私たち庶民とはかけ離れた地位や環境にある知事には思いもつかないことでしょう。

とかく橋本知事の投稿文はいろんな意味で波紋をなげかけてくれました。
その中で言われるところの  「ぷらっとこうち」の現状を批判される方  の一人になるでしょうか。「ノエル」さんという方がすかさず反論をあげられています。これもまた本質のポイントを突かれていると思います。

http://www.plat-kochi.com/bbs/details.php?theme=8&roomno=772&pritype=list&parent=5#messp772-5

http://www.plat-kochi.com/forum/details.php?theme=1&roomno=640&pritype=list&parent=165#messp640-165

「橋本県政15年、橋本チルドレンも立派な行政能力のある大人として、行政マンの姿を現してもいいはずだが、ぷらっとこうちではわずかばかりの批判に対して捌く能力の欠如を天下にさらしている。
こんなところで右往左往していては、県政の重要課題が本当に政策できているのだろうか、心配だ。」

とある方が、問題のぷらっとこうちの中で語っていました。
http://www.plat-kochi.com/bbs/details.php?theme=9&roomno=672&pritype=list&parent=79#messp672-79

ぷらっとこうちの参加登録抹消事件は、ネット上でのトラブルではなくてある面、県政の課題に氷山の一角をさらけ出してくれました。

このようなことは今の状況からみれば外にも起こっている可能性があります。

これまで民が官を追求する、というのがパターンでしたが、どうやら最近は官が民を追い込んでいくというのが、今日のパワーハラスメントの一面です。

>この場を、他者を攻撃する場としてではなく、協働による新しい仕組みづくり
>に使おうと考えられるのならば、そのことを前提とした取り組みをお願いします。

と、知事が語られるように、多少気に入らない意見や行動があるといっても、その県民を無実の罪に落とし入れて、もともと約束など交わしていないのに、約束をした、約束を守らないから発言削除だ、追放だ、登録を抹消するといった行為は、それらの前提さえも否定することになるのです。

行政の立場にありながら特に協働による新しい仕組み作りを行っていこうとするならば、それらの排他的行動はそもそも似つかわしくないものになります。

県民と対話を重ね、県民にわかっていただくような、粘り腰が無ければ、知事の理想とする政治を具現化するのは難しいでしょう。

官が背負う公平性の十字架は、信を得たならばこの先も負い続けていただかねばなりません。

キリストが説かれた道が偽りのない真理の道であればこそ、民を育て民を救うという使命が本来の目標を失うことなく、伝道は広まっていったのです。

己を犠牲にしてまでとは言いません。
わかってもらうよう伝える力、努力することを惜しまない姿勢があれば、それらは必ず実現出来るはずなのです。

これらを実現できる器を備えたとき、はじめてチルドレンは橋本体制の要となり、理想的な県政を支える原動力となっていくことでしょう。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-16 23:38 | 高知県の公共掲示板
2006年 08月 16日

あえて省かれた「書き込みの削除や登録の抹消に関する事実関係」

ぷらっとこうち運営会議名で、トピックス「竹内隆志さん及び西村健一さんの参加登録抹消に関する経緯報告」掲載日:2006/07/24 としてあげられていることに関しての反論を申し上げます。

それは、先の橋本知事からの「ぷらっとこうち」への投稿文において
http://www.plat-kochi.com/bbs/details.php?theme=0&roomno=772&pritype=list&parent=0#messp772-0

>この5月以降に起きた、書き込みの削除や登録の抹消に関する事実関係と、
>双方の見解の違いは、今の時点で、僕が口を差しはさむことではありません

とあえてその記述が省かれているためです。

ただ全体的に片方からの事情聴取の内容が多く、その他の部分においても所々事実が捏造されて伝えられているような節が見受けられます。
私は知事から事情を聴取されたことはありませんでした。

上記の投稿文で第三者がこれらの事情につき間違った認識を持たれると、当事者としては不本意です。
書き込みの削除や登録の抹消に関する事実関係については、いずれ司法の場で私と高知県知事外2名の主張が行われると思いますが、現時点で以下の点をまず申し上げておきます。

運営会議は7/24トピックス(以下引用)でこう申されました。
>引用部分に関する私の反論です。

> 残念ながら、竹内さん、西村さんは、平成15年9月27日の話し合いによる
>合意を無視する形で、ルールに反する発言を行うととともに、ぷらっとこうち
>WEBサイト以外でも、ぷらっとこうちの運営に支障をきたす行動をとられて
>います。

平成15年9月27日の話し合いによる合意を無視したことはありません。
私なりにルールを守っています。
運営に支障をきたす行動を取った覚えがありません。
私がどのようにして合意を無視して、運営に支障をきたす行動をとってきたのか、具体的に指摘してください。

> また、今回の話し合いでも、ルールを守った参加などが確認される
>には至りませんでした。

いえ、私は私なりにルールを守った参加をお約束していました。
その時出席していただいた他の第三者もその様子を聞いていただいております。
確認されるには至らないというものであれば、どこがどのようにして確認できなかったのか、事実関係を具体的に示してください。

> こうしたことから、第40回運営会議及び平成18年7月9日に行われた
>緊急運営会議の決定に基づき、不本意ながら平成18年7月24日10時を
>もって、竹内隆志さん及び西村健一さんの参加登録を抹消させていただき
>ましたことをご報告させていただきます。

これだけでは、参加登録を抹消した理由としては不十分です。
第40回運営会議及び平成18年7月9日には登録抹消行為に先行した決議が行われ、事実上7月13日夜から既に登録抹消となっています。

これらの処分に私は異議がありましたので、私は8月8日に高知地裁に地位保全仮処分命令申立書を提訴しました。
平成18年(ヨ)第35号 18.8.8

なぜなら、異議を申し立てるところが、ぷらっとこうちの仕組み上、高知県の行政組織上ではどこにも見あたらなかったためです。

いずれ司法の場において参加登録抹消の是非が判断されます。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-16 08:00 | 高知県の公共掲示板
2006年 08月 15日

時代を拓く「協働の鍵」こそ、未来の扉を開く

平成18年8月15日
高知県知事橋本大二郎氏は、ぷらっとこうちに当事者として、今回表面化した問題をもとに、今後に向けた考え方を述べられました。
http://www.plat-kochi.com/bbs/details.php?theme=0&roomno=772&pritype=list&parent=0#messp772-0

いつもながら、卓越した論理構成力で感じ入っております。
私なりに拙い文章で、まず感想を述べてみたいと思います。

ぷらっとこうちの場を、他者を攻撃し排除する場としてではなく、協働による新しい仕組みづくりに使おうと考えられるのならば、そのことを前提とした慈悲のある取り組みを運営側に指導をお願いします。

県職員が県民を排除して、自分たちのやりたいことをしようとするだけでは、協働は生まれません。まずは、お互いが足らざる点を自認し、持てるものを差し出すことで、何かを作り出してみてはどうでしょうか。

鍵のスペアは作れても、本物は一つしかありません。

官が関与するというこのサイトの性格から、簡単にその方々に出ていっていただくことは出来ないというのが、まさに知事のお考えであれば、まず私どもの参加登録抹消処分を解除することから、お始めになられてみてはいかがでしょうか。

事態は改善するはずです。
言葉より行動を大衆は理解します。
手を結ぶことで信頼と共感が生まれます。

県は自ら歩み寄りの姿勢を持つべきです。残念ながらこれまでの対応はまさに県民に攻撃的であったといえます。言葉がどうとかいうのではありません。
話し合う態度でわかります。自然に心がこもっているものか、人には伝わるものです。

私は、すぐに、ぷらっとこうちを「『官から民へ』から『民から官へ』へ」の考え方については賛同できません。
もっと県の職員が参加しやすくするための環境作りと理解を得られるよう最大の努力を行うべきです。
それを省いては軒先を変えてみたところで、初期の目的は達成できません。

今の形で当初目指していたものを初志貫徹することこそ、気概をこめた官民協働の場作りへの試練ではないでしょうか。

たやすく金鉱は掘り出しにくく、宝は簡単に得られないものです。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-15 21:25 | 高知県の公共掲示板
2006年 08月 13日

「ぷらっとこうちを死守せよ」県知事、運営委員にもの申す

甲子園に勝るとも劣らず、ぷらっとこうちでの議論は盛り上がり、熱戦が繰り広げられています。
ただ近頃、攻勢に押され、議論が手詰まりで、「ふくろう」と称する運営委員などは

>私は、税金を投入しなければならない理由を、見出せないでおります。
> ゆえに、廃止です。
> 登録参加者の皆様、いかがでしょう。

などと 言いだしはじめました。

また橋本大二郎高知県知事すらも、聞くところによると、ぷらっとこうちへの県関与を否定する見解も出てきているようです。

これらを聞くにつれ、登録抹消処分を受け、断罪を受けた身のうえの者としては、憤慨きわまるものがあり、なにをか言わんやです。

そんな、軟弱な考えで気概も元々無いのであれば、最初から人を簡単に罪にきせて処分するなと私は言いたい。お戯れにしてはほどがありますよ。

最後まで初志貫徹する気概を県知事や運営者側も持って行っていただきたい。

私たちを市中引回しの刑に処し、ぷらっとこうちのトピックスなる天下の立て札で罪状をとうとうとあげて公衆の面前で恥さらしにされた処分をされた甲斐が無いというものです

私たちは犬死にあらず。

-------------------------------------------------------------
県知事、運営委員にもの申す

人を断罪に処したのであれば、最後までぷらっとこうちの行く末、立つ道を考え、行動するのが筋目であり、忠節を徹するは、県の役人や運営委員たる任務である。

それを途中でほうり投げ出すは・・・・土佐人にあらず。

まさに「小人窮すれば斯(ここ)に濫(らん)す」

匹夫も志を奪うべからず。

最後までぷらっとの森を死守してこそ、後世に森の番人として万民が賛さん。

森の番人ふくろうはじめ、運営委員、事務局は最後までぷらっとの森を死守することを、無実の罪人に処せられた我が願いとする。

-------------------------------------------------------------
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-13 18:15 | 高知県の公共掲示板
2006年 08月 13日

ぷらっとこうち住民監査請求の口頭陳述が8月18日に!

市民オンブズマン高知が高知県監査委員会に訴え出ていた住民監査請求の第一回口頭陳述が、いよいよ、18年8月18日金曜日午後4時より行われることになりました。

場所は、北庁舎2階 監査委員 事務局です。

市民オンブズマン高知によると、口頭陳述は公開ですので傍聴は自由です。関心のある方はぜひ、傍聴に来て下さいとのことです。
高知県の公共電子掲示板がどのように運営され、当該委託契約がどのような事情、経緯で事務局員を兼ねる業者と行われたものか、確認していただくとこれらの実態がよくわかります。以下にあるように、内部請負、つまりインサイダー取引の疑いがあるとのことです。
このぷらっとこうちの管理運営にあたっては、運営委員名簿、事務局員名簿のとおり、高知県職員が公務として数人が関わっています。事務局員には7名の県職員が名簿に名を連ねています。問題の業者である、西村悦一氏も確かに事務局員に名前が載っています。

運営委員や事務局員は誰も当該委託契約を内部請負であることを指摘しなかったのでしょうか?不思議です。

http://www.plat-kochi.com/first/index2.php#i3

8月5日の高知新聞の他、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞各紙でもこの住民監査請求の記事が同日掲載されました。

----------------------------------------------------------------------------

住民監査請求書の要約

高知県監査委員殿 18.8.4

請求の趣旨

1.委託者高知県(県政情報課)と受託者西村悦一との間の18.4.1付け18年度インターネットホームページ保守管理委託契約書の無効を確認する。
2.上記の委託契約書の委託料326,529円を高知県が支払う事を差し止める。

請求の理由

1.18年度インターネットホームページ保守管理委託契約書の受託者西村悦一は、
県政情報課の事務事業の「自治を考える風おこし事業」の中の一つの事業である。
を担当する事務局員である。
2.「インターネットホームページ」の「ぷらっとこうち」の運営企画は、県政情報課  員と運営会議委員と事務局員の共同作業でその事務をしている。
その為、事務局員の西村悦一は、委託者側の一員であり、委託内容を事前に知り得る立場にある。だから、西村悦一は委託者の一員と受託者が同一となり、
この委託契約書は、民法第108条の「自己契約の禁止」に該当し無効である。

3.随意契約の事務手続きは、契約日直前の3日前に受託者の西村悦一からの一ケ所しか取っておらず、また、西村悦一は予算額を事前に知る得る立場にあるので競争性はまったくない。そして、西村悦一にしなければならない理由もない・
金額だけは、随意契約の金額の範囲内にあるだけである。
この委託契約書は随意契約の条件を具備していないので無効である。

地方自治法第242条第1項により必要な措置を構ずべきことを請求する。

別紙添付書類
1.18.3.29付け見積書 発行者 西村悦一
2.18.4.1付け委託契約の締結について(伺)
3.18.4.1付け支出負担行為決議書
4.18.4.1付け18年度インターネットホームページ保守管理委託契約書
5.18.4.1現在の運営委員名簿と事務局員名簿

請求人 森 武彦・窪 則光・田所弁蒔

60日後の10月4日までに監査結果通知があります。

監査結果の通知を受け取ってから30日以内に地方自治法第242条第2項の手続きをするかどか決めなければなりません。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-13 00:10 | 高知県の公共掲示板
2006年 08月 12日

『橋本チルドレン』 の負の面の功罪を問う

ご声援をあちこちでいただくようになりました。
おかげで勇気がわいてきました。元気をいただきました。

公権力との戦いになるのでしょうが、私は組織も力もないカネもない、ごく普通の県民ですので、県庁組織を相手に裁判となると、正直しんどく、つらい部分はあります。
でも、ここのところ応援してくださっている方々が現われて下さり、支援の集まりのような体制を準備してくださる方も動いてくれているようで嬉しく思います。
今でもメーリングリストやブログで応援やアドバイスをいただけるのも本当に感謝しております。

私は高知県の電子掲示板での参加登録削除を受けてから、暑い日々もあり疲れもあって一時体調を崩し寝込んでいたこともありました。
私のことを誹謗中傷したり、あること無いこと勝手に書かれているのですが、残念ながらネット上では抗議すらもできません。書き込む権利を全て奪われたからです。

裁判の書状も自分で作成し弁護士に頼めるような資金も持ち合わせていません。
仕事をしながら民間人にとっては裁判に要する時間や労力も負担は大きいです。

このたびの裁判も、一個人だけの問題ではなく、橋本県政も16年の長期にわたり、いわゆる『橋本チルドレン』 の負の面の功罪を問うきっかけになれば、そういう意味合いで私は決断しました。

守りを意識するばかりで、自分が前をきれるような幹部職員が少なくなったとも。
ともすれば県民を押さえ込むことを平気で起こしかねない世間感覚とのズレを感じせざるを得ない中堅どころが増えているようにも聞きます。
トップが責任をかばってくれることが無いせいか、自らが責任を取らされることを恐れて県民の顔を見ずに、首長の顔色ばかり窺うような傾向もあるようです。

今ここで問題の本質を誰かが正さなければ、いけないのかなぁと思いました。

ぷらっとこうち」で起こったことは、いわば高知県政の縮図でしょう。大小であれ、おそらく他のところでも少なからず県庁内でも現われ始めた問題なのではないかと思います。

「何か」がおかしいのです。理想論だけの政治になっています。効率や建前論を優先するあまり、県民と膝を交えてつきあうようなものが見えない、とも良く聞きますし、私もそう感じます。
お決まりのシンポジウムばかりでなく、庶民は現実の生活に役立つ施策すなわち実践行動に期待しています。

きれい事ではそろそろ済まなくなってきました。
真の公益性とは何か、県は県職員は県民とどのような関係を作り上げていくのか、
職員は常にそのことを意識し実践できているのか、余分な権限をどこかで与え持っていないのか、そのような問題をいろいろと感じています。

私も宮仕えの経験はありますが、巷のトラブルをややこしくするのも、宮仕えの不徳の致すところというように、常に意識改善を心がけ謙虚にすることの大事さを反省し、学びもいたしました。
『橋本チルドレン』 の方々は高学歴で優秀な方が多いと聞きますが、県庁の悪弊や体質に長年浸っていると、間違った方向に芽が出てきているようにも思います。

県民のささいな声を少しお聞きになっていただける「ゆとり」が必要ではないでしょうか。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-12 08:54 | 高知県の公共掲示板
2006年 08月 11日

県職員数名が中心となり県民を排除しようと協議を重ねていた事実

県職員数名が中心となり県民を排除しようと協議を重ねていた事実

 竹内隆志と同日に登録抹消された西村健一さんが県政情報課に公文書の開示請求を行い、同課から入手した文書(電子メールの記録)の内容をご自身のホームページ公開されました。
http://www.nc-21.co.jp/hoeru/plat-k-2006-5.html

これを見ると、なんと驚くべき内容です。
県職員数名が中心となり、無実である県民の人権を侵害し、県民の税金で運用している公共の電子掲示板「ぷらっとこうち」から、意に沿わない県民を排除しようと協議を重ねていたことが明らかになっています。

被害者である私たち県民は県職員の計画どうりに言論の自由の「死刑」を宣告され、反論の機会もなく「死刑」を執行されたのです。

これに関連して、被害者である竹内隆志が8月8日に高知地裁に「地位保全仮処分命令申立事件」高知地裁(ヨ)第35号 を提訴しています。また、ぷらっとこうちの運営については、市民オンブズマン高知が住民監査請求を8月4日に起こしています。

ただ気になることは、別の県民の方が同じような内容の公文書(電子メールの記録)の開示請求を行って入手されたものを見せていただきましたが、それには「黒塗り」は一切ありません。

西村さんが請求すると「黒塗り」になっています。これも明らかに県民への差別ではないでしょうか。県政情報課は県民の誰にでも公平に扱い、公明正大な開示を行っていただくよう希望いたします。

各文書の内容は以下にリンクしています。これらの事実をご覧ください。
http://www.nc-21.co.jp/hoeru/plat-k-2006-5.html
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-11 08:18 | 高知県の公共掲示板