県民をなめたらいかんぜよ!行政の不正・違法・腐敗に立ち向かう勇気と情熱と行動の記録

freetosa.exblog.jp
ブログトップ

2007年 01月 02日 ( 1 )


2007年 01月 02日

ぷらっとこうち停止措置にかかる住民監査請求にあたって

平成18年8月24日に「ぷらっとこうち」の登録参加者全員の書き込みが停止されてから、100日間以上も経過しました。その後も停止措置はずっと続いています。
年間の4分の1を超え3分の1近くの日数分が、本来の利用ができないままになっています。その原因としては不正アクセスを受けたわけでもなく、サーバーがダウンして故障しているわけでもありません。すべて人為的な意図によって停止措置が行われています。

ぷらっとこうち運営会議が、その停止にいたった経緯を8月24日に発表していますが、それを見ても高知県と県民の書き込みを停止するに相当な合理的理由は存在していません。
これらは所管の県政情報課が職務を怠ったまま、故意に不作為で放置していること自体が、その原因であります。
本来であれば県民が利用できる財産がまったく使われず、県民の意見が書き込めない状態がずっと続いています。県財政がきびしい折、誠にもったいない限りです。
開設費用500万円は、すべて県費にてまかなわれており、「ぷらっとこうち」は高知県が所有する公用財産です。

運営にあたって参加者の一部が運営委員と称して任意に集まって組織していた「ぷらっとこうち運営会議」がこれまで意見交換や協議をおこなっていましたが、この集まりは県のどの部署からも運営管理にかかる委託契約も委嘱状さえも受けておりません。(この組織は11月末日で解散しました。)
本来の運営管理者である県政情報課長は、これまで運営管理権限がその「ぷらっとこうち運営会議」にあるとして、その管理責任を転嫁し、上記の運営会議が行う違法若しくは不法行為を放置し、自らの職務も故意に放棄したまま不作為を続け、この先もいつごろ再開するのかといった目処すらも示しておりません。

これは他の事件においても共通する、県職員のずさんな公金管理の体質そのものであり、公務員としての職務に対する使命感が欠けていると云わざるを得ません。
これらの事実を知るにあたり、私たち県民有志は12月11日に「ぷらっとこうちの書き込み再開について」の陳情書やメールを十数通高知県知事宛に提出させていただきました。
その後の経過を注視して再開への期待をしていましたが、残念ながら具体的な再開に向けての目処すらも発表されませんでした。

県職員一部の独自の判断だけでこのような停止措置が続けられることに対し、わたしたち県民は納得できません。そして今後も停止が続けば続くほど、開設費はもとより本年度のサーバー委託管理費とも合わせて高知県の損害はさらに大きくなるでしょう。

そこで、地方自治法第242条第1項により、県財産の管理を怠る事実により、高知県監査委員会の監査を求め、高知県がこうむった損害を補填するために必要な措置として「県知事は当該運営管理者である県政情報課長土居寛道氏に対して、その開設費用5,006,700円の返還を求めることを請求する。」住民監査請求書を提出するに至った次第です。
[PR]

by ziyuu3 | 2007-01-02 23:16 | 高知県の公共掲示板