県民をなめたらいかんぜよ!行政の不正・違法・腐敗に立ち向かう勇気と情熱と行動の記録

freetosa.exblog.jp
ブログトップ

2006年 11月 29日 ( 1 )


2006年 11月 29日

ぷらっとこうち運営会議のまとめは、非公開の会議やMLでずっと行われていた

第45回運営会議のまとめられた「ぷらっとこうちの意義と今後の方向性について」について、運営委員の方たちが協議していたのは運営会議の公式の場だけではなかったことが明らかになりました。

この会議の配付資料から第44回から第45回運営会議が行われる間に、県庁5階会議室の使用申請を管財課に対して「業務打ち合わせ」と偽り欺いて会議室を使っていたのが、運営会議の議長、副議長が(民間人を含む運営会議の委員だけに)呼びかけた任意の「今後の方向性を考える会」という会議名が新たに突然出てきました。

運営会議の議長は政策推進課企画監である県職員であり、副議長は民間の人たち(2人)です。
その人たちが呼びかけた、ぷらっとこうちの運営について特定の者だけが任意に集まって意見を交わす集まりに、県財産の県庁本庁5階会議室を使用していたものと思われます。
(これについては公文書開示請求を行っています。)

そのような県職員以外の民間人(事業者を含む)も自由に、しかも任意に県庁の営業時間後も出入りできるのが、堂々と認められていたことに、私は大変驚きました。

運営委員の中には県の物品や工事入札にも参加するような会社の従業員や経営者も含まれているのはないでしょうか。
県庁各課室は営業時間後は、きちんと鍵がかけられているのでしょうか。
誰か常に外部侵入者がいないか、チェックされているのでしょうか?

県職員以外の民間人含む任意の集まりの会議室使用に関して、どこの部署が、課が管理上の責任を持つのでしょうか?
県庁にはたくさんの機密や個人情報や行政の情報、工事入札に関わる極秘情報などが担当の県職員の机の周辺や書棚、事務所内に多数存在します。

自由に出入りできたということは、つまりそうした書類や情報を自由に入手できる機会を提供したことになるでしょうか。
しかも自由だから誰がいつ県庁内に入室して退出していったのかはわからない、ということは大いにありえます。

仮に管財課に対して不正使用の申請が行われ、目的以外に会議室の使用方法がずさんであったということは、こうした危険を招いていることになります。
管財課がどれだけ会議室の真正な使用結果を検証できているのかはわかりません。
申請に対し、使用後は一切その内容を確認し検証していないのでは?とも聞きます。
(これについては公文書開示請求を行っています。)

運営会議のやりとりで気がついたこと

運営委員のある一人からは、良識を持って3ヶ月の閉鎖に関して運営会議としてお詫びすることの文章を入れてたらどうかとの提起も出されていましたが、上記提案書の原案づくりに携わっていた県職員からは、その意見に関して耳を貸さないほどの「却下」との見解が強硬に述べられていました。

しかも、その理由としては「私たちはこれまで非公式の場、つまり管財課へは「業務打ち合わせ」として会議室の使用をしておきながら、非公開の密室の場や運営委員だけが参加できるMLなどでこれまでずいぶんと協議してきたから、今頃になってこの提案書の内容について今頃意見するのはおかしい。」などと、運営委員である県職員Y氏から反論が運営委員のある一人に行われていました。

一般参加者を寄せつけない議論をいくら重ねてみたものの、その結果としてこれだけ低次元の内容の結論や逃避行的な放り投げで、後始末すらせずに、しかも誰でも気軽に参加できる「掲示板」機能を凍結あるいは削除して、一部の管理者だけが参加や発言を規制、承認できる「会議室スタイル」だけしか、今後は認めないやりかたは、どう考えても橋本知事の提唱する「開かれた県政」「県民と向き合う県政」「協働の場」の姿勢からは到底結びつきません。

そういう考え方でありながら、ぷらっとこうちに参加していた県民に対して「協働」の持つ意味をわかっていないなどと愚弄すらしているのです。

つまり愚かなことに、運営委員である県職員Y氏自らが、ぷらっとこうちの参加者本位の掲示板型HPではなくて、協働の場ではなくて、あくまでも運営委員だけのシステムであったことを露呈し、密室での協議や打ち合わせと称した秘密会議があったことが、これからもうかがい知れます。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-11-29 22:36 | 高知県の公共掲示板