2006年 11月 22日

ついに、「ぷらっとこうち」管理委託訴訟の裁判が始まる!

高知県の掲示板型ホームページ「ぷらっとこうち」の保守管理を同HPを企画・運営している事務局員であるメンバーが経営する民間事業者に請け負わせているのは、委託者と受託者が同一であり違法あるとして、市民オンブズマン高知のメンバーが高知県知事橋本大二郎氏に対して業者への委託料の支払い差し止めを求める訴訟を起こしていたことがわかった。

高知県が運営する掲示板型ホームページ
ぷらっとこうち http://www.plat-kochi.com/


その第一回目の口頭弁論が11月21日高知地裁で行われ、報道によると県側は全面的に争う姿勢を示したとのこと。

市民オンブズマン高知のメンバーの訴えによると「民間業者が委託内容を事前に知り得る立場にあり、県側はこの事業費の見積もりをこの業者だけしか取っておらず、しかも随意契約で行われており違法だ。」としている。

この訴訟に先立ち、8月4日「ぷらっとこうち」の事務局員への内部請負が発覚し、そのホームページ保守管理委託契約に違法な契約手続きがあったことがわかり、市民オンブズマン高知から契約無効の確認を求める住民監査請求を起こされてもいる。

報道された新聞記事によると「県側はこの市民の主張に対し指摘されている業者である事務局員には契約締結業務はない。予算措置や契約などの権限は県職員である県政情報課員にあり、随意契約の要件も満たしているとして反論した。」とある。

その公判の様子は次のブログでも紹介されている。
http://dokodemo-blog.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_da31.html

これまでの経緯はこのブログでも報じてきたが、同運営会議が言うのには「運営妨害とも取れる書き込みがあった」として、同サイトは8月24日から書き込みが一時停止されている。県費を支出しながら、県民が利用できない異常事態が続いている。

運営妨害とも取れる書き込みがあったと判断すれば、これまで2名の県民を登録抹消処分にした前例もあり、しかるべき処分を行ったうえでこのぷらっとこうちの書き込みを一時停止すべきだろう。

掲示板型ホームページ「ぷらっとこうち」はそもそも県民が県政の問題などを自由に意見を交わせる場として、県費により平成15年9月に開設されたが、運営手法に問題がありそのプロセスが明らかにされておらず、県民有志に不評で問題点を指摘されていた。
このような訴訟を起こされたこと自体が、高知県の情報公開のありかたが問われていることになる。そもそも議論の過程で同運営会議が秘密裏でなされ、極めて公平さを欠いているからこそではないだろうか。

県民に情報をオープンにして対話をはかるべき県政情報課が運営を行う「ぷらっとこうち」は県民に対して訴訟を起こされるほど、対立する場であったすれば、県知事が目指した「県民と向き合う県政」とますます乖離してきたと思わざるを得ない。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-11-22 10:50 | 高知県の公共掲示板


<< 情報の隠蔽、攪乱、偽装工作など...      あなたも高知県の情報公開請求を... >>