2006年 10月 06日

高知県県政情報課の隠蔽体質は県警より優るかもしれない

私は、個人情報の名の下に、ぷらっとこうちが第42回、43回、44回運営会議の議事録をいまだに公開されないのに、業を煮やして、9月21日に公文書開示請求書を出しました。
同じ思いをされて同様に請求を出された県民の方が他にもいました。

それで、その開示請求の結果をもらいに私は10月5日に県政情報課に行ってきました。
ところが、頂けたのは不存在決定通知の通知、この事態に私はあきれました。
「個人情報不在決定通知」と「公文書不在決定通知」とのことです。

個人情報を理由に、運営会議を秘密会議にしておきながら
http://www.plat-kochi.com/topics/details.php?parent=931

県民がその会議の議事録を知ろうと請求すると
平成18年8月17日に、9月6日に、9月20日に公開を閉ざし秘密会議をしておきながら
(その時の理由が
http://www.plat-kochi.com/topics/details.php?parent=931にもあるように

>なお、今回の運営会議は個人情報を含む協議のため、非公開とさせていただきます。
とのことでした。

ところが、県民がその審議した結果を知りたいと高知県の情報公開制度で請求すると

「まだその会議の議事録なんて作っていない。ん?なんか文句あるの?

 作ってないからあなたがた普通の県民には情報公開してあげないよ!」

「あなたがた個人情報なんて会議の中では一切ないよ。ないから出せないの」

と、まあ早い話こういうことでした。

私たち大人は、高知県の子どもたちに高知県の県政情報課というところは
県民に情報を公開してくれないところだよ!
「県政情報課」って名前つけているけど、嘘つきだよ
と本当のことを教えてあげないといけません。

高知県の情報公開もいよいよ地に落ちた限りです。
これでは県警の隠微体質より、さらに上回ると言えなくもないでしょう。
だから、知事さんは県警の裏金にかかる情報公開のことを糾弾できないことに
なりませんか!ひとのことはあまり責められませんね。
同じ穴のムジナになりませんか!

高知県の県政情報課におけるぷらっとこうちの秘密会議の結果も県民に
公表しない姿勢に腹が立つと言うより、ほとほと情けない限りだと思います。
橋本大二郎さんが4期16年かけてやってきた県政の成果がこれでは対費用効果は
限りなく不透明に近い、氷点下以下に近いと思わざるを得ません。

私ども、普通の県民は常識が通用しないのは県警もそうですが、県民と膝を合わせて
向き合う部署である県政情報課がこれでは情けないと、ただただ思うばかりです。

これではいったい県民は県政のことについてどうやって知ることが
できるのでしょう。
請求人が県会議員さんなら、おそらくこういう結果にはならないでしょう。
県の情報は県民につくづく公開されない性質のものだと実感しました。

私たち県民は、いかにして普通の県民が当たり前のことがなかなか容易に請求でき
ないかがよくわかったことが、高知県の情報公開制度を利用した成果と言えましょう。

その意味では、こうした制度を進められている高知県政に当たられている方、県議会
のみなさんに感謝しなければならないでしょう。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-10-06 16:13 | 高知県の公共掲示板


<< あなたも高知県情報公開制度を利...      県政情報課職員は目標を定めて事... >>