県民をなめたらいかんぜよ!行政の不正・違法・腐敗に立ち向かう勇気と情熱と行動の記録

freetosa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 11日

ぷらっとこうち運営者は他所にクレームつけるより、県民への約束を守りましょう!

先日ご紹介したパロディ版「ふらっとこうち」ですが、ついに本家本元「ぷらっとこうち」のサイト運営者よりクレームが届き、近く閉鎖に追い込まれるようです。
誠に残念なことです。
そこで、 「ふらっとこうち2」レジスタンス活動版・ふらっとこうち  が新たに開設されました。
http://bbs.goo.ne.jp/ac53209/message

参加登録者の意向もそっちのけで書き込みを一時閉鎖し、かれこれ3週間ほど経った高知県が運営する公共掲示板「ぷらっとこうち」
6,289,254円の直接経費をかけたまま、県民にも県議会にも諮ろうとせず、このまま閉鎖しようとしているのではとも思われます。県民有志に監査請求を起こされているにもかかわらず・・・。

最近加入した参加者の気持ちもほったらかしに、運営者はずっと沈黙を続けています。
高知県の情報公開はきわめて閉鎖的な状況となりました。

本来、「ぷらっとこうち」のサイト運営者は、他所のことよりもご自分が管理運営しなければならないのを放棄したまま、クレームだけはしっかりとおこなっていらっしゃるようですね。ほとほと呆れました。

上記のパロディサイト、それはそれで十分存在意義はありました。なによりせっかく県民がまちづくりや協働化への行動をおこしている県民有志にとって意見を寄せ合う貴重な「場所」となっていたのでしたが、それすらも奪われることになりました。

知事の言われるところの、県民主導の「協働のメディア」の試みであったにもかかわらず・・・。

「ぷらっとこうち」の運営会議は以下のとおり、8月24日書き込み閉鎖をしたときに高らかに宣言し、県民に以下のことを約束しています。

少なくても、検討の経過に関してその都度「ぷらっとこうち」上で報告する、その義務の履行はしていただかないといけないでしょう。
ご自分たちが約束したことを守らないと、大嘘つきになってしまいますが、本当にこれでいいのでしょうか。
県民はこの事実をいっそう注視していかなければなりません。


> なお、検討の経過に関しましては、その都度ぷらっとこうち上にてご報告させていただきます。 参加者の皆様には誠に申し訳ございませんが、このたびの状況をご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
>
> 平成18年8月24日
>
> ぷらっとこうち運営会議

b0028390_039425.jpg
TN君の伝記
なだ いなだ 司 修 / 福音館書店
スコア選択:
[PR]

by ziyuu3 | 2006-09-11 23:51 | 高知県の公共掲示板


<< 権力で県民参加の場を閉ざすな(...      岐阜県の裏金問題と共通する意識... >>