2006年 08月 16日

橋本県政15年、橋本チルドレンも立派に育って欲しい

私は、今もなお「ぷらっとこうち」に県民として感じたこと、思ったことを書ける権利がありません。7月13日からずっと奪われたままになっています。しかも県の公共電子掲示板なのにそれを取り戻すには裁判の方法し残されていません。それで参加登録者としての地位保全の仮処分命令の申立てをしています。私の要求はごく普通の県民としての権利の訴えなのです。

「言論の自由」を奪われた悲しさやもどかしさはその身にならないとわからないでしょうね。まして私たち庶民とはかけ離れた地位や環境にある知事には思いもつかないことでしょう。

とかく橋本知事の投稿文はいろんな意味で波紋をなげかけてくれました。
その中で言われるところの  「ぷらっとこうち」の現状を批判される方  の一人になるでしょうか。「ノエル」さんという方がすかさず反論をあげられています。これもまた本質のポイントを突かれていると思います。

http://www.plat-kochi.com/bbs/details.php?theme=8&roomno=772&pritype=list&parent=5#messp772-5

http://www.plat-kochi.com/forum/details.php?theme=1&roomno=640&pritype=list&parent=165#messp640-165

「橋本県政15年、橋本チルドレンも立派な行政能力のある大人として、行政マンの姿を現してもいいはずだが、ぷらっとこうちではわずかばかりの批判に対して捌く能力の欠如を天下にさらしている。
こんなところで右往左往していては、県政の重要課題が本当に政策できているのだろうか、心配だ。」

とある方が、問題のぷらっとこうちの中で語っていました。
http://www.plat-kochi.com/bbs/details.php?theme=9&roomno=672&pritype=list&parent=79#messp672-79

ぷらっとこうちの参加登録抹消事件は、ネット上でのトラブルではなくてある面、県政の課題に氷山の一角をさらけ出してくれました。

このようなことは今の状況からみれば外にも起こっている可能性があります。

これまで民が官を追求する、というのがパターンでしたが、どうやら最近は官が民を追い込んでいくというのが、今日のパワーハラスメントの一面です。

>この場を、他者を攻撃する場としてではなく、協働による新しい仕組みづくり
>に使おうと考えられるのならば、そのことを前提とした取り組みをお願いします。

と、知事が語られるように、多少気に入らない意見や行動があるといっても、その県民を無実の罪に落とし入れて、もともと約束など交わしていないのに、約束をした、約束を守らないから発言削除だ、追放だ、登録を抹消するといった行為は、それらの前提さえも否定することになるのです。

行政の立場にありながら特に協働による新しい仕組み作りを行っていこうとするならば、それらの排他的行動はそもそも似つかわしくないものになります。

県民と対話を重ね、県民にわかっていただくような、粘り腰が無ければ、知事の理想とする政治を具現化するのは難しいでしょう。

官が背負う公平性の十字架は、信を得たならばこの先も負い続けていただかねばなりません。

キリストが説かれた道が偽りのない真理の道であればこそ、民を育て民を救うという使命が本来の目標を失うことなく、伝道は広まっていったのです。

己を犠牲にしてまでとは言いません。
わかってもらうよう伝える力、努力することを惜しまない姿勢があれば、それらは必ず実現出来るはずなのです。

これらを実現できる器を備えたとき、はじめてチルドレンは橋本体制の要となり、理想的な県政を支える原動力となっていくことでしょう。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-08-16 23:38 | 高知県の公共掲示板


<< 私たちの思いは「言論の自由」を...      あえて省かれた「書き込みの削除... >>