2006年 07月 24日

ぷらっとこうち運営会議から参加登録抹消に関する経緯報告が!

7月13日夜書き込みが不能となって以来、10日以上も経って
ぷらっとこうち事務局から「ぷらっとこうち事務局です」という
公文書でもないような変なメールが9時20分頃届きました。

> Envelope-to: platman@roudou.com
> From: ぷらっとこうち事務局
> To:
> Subject: ぷらっとこうち事務局です
> Date: Mon, 24 Jul 2006 09:20:11 +0900
> X-Mailer: Microsoft Outlook Express 5.50.4927.1200
>
>
> 竹内隆志 様

2006/07/24(月) 10:59:41/ぷらっとこうち事務局 発信者

ぷらっとこうち トピックスに
竹内隆志さん及び西村健一さんの参加登録抹消に関する経緯報告
http://www.plat-kochi.com/topics/details.php?parent=901

という書き込みが「ぷらっとこうち運営会議」名で行われました。

メールと同じような内容のことが書かれていますが、事実と異なる部分があるのでまず幾つか反論してみたいと思います。

[反  論]

今回の混乱に関して話し合いを持ちたいというぷらっとこうち運営会議の呼びかけにお応えいただき開催したようなことが書かれているようですが、7月13日の話し合いは、私たちが仲介をお願いした第三者のかたから総務部浜田副部長に立ち会っていただくべく依頼があった経緯があったからこそ、実現したものです。
当事者能力が無いと思われる、ぷらっとこうちの運営会議だけの呼びかけに応じたのではありません。

私は、「ぷらっとこうちは破綻している」「今の運営会議は正常な判断ができない、公平性がないことから解散すべき」との意見はひとことも言っておりません。
私は議事録が体裁をなしていない点を指摘し、議事録も同一回のものが、あってはならぬことですが、二つ存在している事実を見て、運営会議が適正に行われているのか、甚だ信頼できない点を申し上げました。

高知県県政情報課から出されたメール本文の記載内容にもかなり誤りがあります。

私たちは、互いの非難やこれまでのことを掘り出すのは今日の話し合いの趣旨ではないし、今後の運営のやりかたについて改善策を話し合おうという前向きな提案をしました。
総会の開催なども検討にいれることもふまえて、お互いに改善案をまず話し合おうと申し上げました。

そのことに耳を貸さなかったのは、県職員であり議長である松尾晋次氏(政策推進課企画監 人口構造担当)、健康福祉課の山本千香子氏を含む「ぷらっとこうち運営会議」の代表者5名でした。

ぷらっとこうち運営会議に正当性や公平性が見受けられないというのは、たんに私だけの発言ではありません。他の参加者からも批判が上がっています。
http://www.plat-kochi.com/forum.php?theme=9&roomno=736&pritype=list&parent=0

正当性や公平性をどうはかるかは、運営会議の皆さんが主体で考えるべきで、それを一参加者がそのプランをすぐさま言えなかったゆえ、登録抹消処分を行うというのは行政の公権力をかざした、あまりに性急な強圧的行為ではありませんか。

ぷらっとこうちが目指した行政と住民との対話の姿勢からほど遠い姿です。

13日夜書き込み停止になることは、文書で一度も通知を受けておりません。
参加登録を抹消された今日もなんら通知文書を高知県県政情報課より受けておりません。

平成15年9月27日の話し合い以降もルールに反した行為はしておりません。
約束違反をしたと、しきりに言っておられますが、その日に約束違反を問われる合意はなかったことは、その時に参加した第三者も証言しています。

参加登録抹消理由については、削除理由にあたるような事実はありません。

A.B.C.について一方的な見方だと思われますので、こちらも反論はあります。

D.E.F.についても、表現の自由、個人の言論の自由の範囲です。
県庁内で文書や資料を配付することを禁止する条例でもあるのでしょうか。

また平成15年9月27日に、県からいただいた警告書等を公開しないという約束を私は一切したことはありません。

詳しくは、然るべき場において、すべて明らかにして反論いたします。

今ここでもっとも大事なことは、私のぷらっとこうちの参加登録を抹消するにあたって、公正妥当な手続きと処分の公平性などが行われていないという事実です。

適正な手続きや段階すらも踏まれていません。
参加者に議事録すらも公開されていません。

出された議事録は何の意味もない、黒塗りでつぶしたような記載内容です。
かつてあった不正疑惑で起こった事実隠しのようでもあります。

いろんな意味で、その決議すらも無効であるのでは?と思われます。
行政の人が関与して行っているとは思えません。

その事実として、7月13日夜から参加登録抹同様にいっさい書き込みが出来なくなった事実があります。7月24日に登録抹消したとありますが、それ以前に事実上処分をおこなわれています。

削除理由についても、公的な機関が出したものとは思えないほど、あまりに感情的な内容が記載されていますし、県民の言論や行動を著しく阻害するような文面です。

その文書の末尾には以下のように書かれていました。

> 平成18年7月24日
>
> ぷらっとこうち運営会議
>
> ====================================================
> <連絡先>
> ぷらっとこうち事務局(高知県総務部県政情報課内)
> 竹村、田中、森本
>
> 〒780-8570
> 高知市丸の内1-2-20
> TEL(088)823-9898 FAX(088)823-9128


運営会議の委員や代表する者はなぜ、その職名と氏名を堂々と入れないのでしょうか?
なぜ運営会議の連絡先として県政情報課があるのでしょうか?

いよいよわからないことばかりです。
[PR]

by ziyuu3 | 2006-07-24 20:21 | 高知県の公共掲示板


<< 風を起こすための「ぷらっとこう...      処分先行!罪状は後で考えるのが... >>