2004年 09月 22日

「高知県総務部行政経営改革室」によって自由に発言できる権利が奪われました。

私はぷっらとこうちが高知県民であれば自由に発言できる所だと思い書き込みを行っていました。

 
すると県から9月17日付で配達証明で警告書が送られて、確認書とした誓約書類を出せ、それをしないと参加登録は認めないと伝えてきました。

その前から、私は平成15年9月15日未明頃より、高知県の公共掲示板の書き込みとみんなの告知板へのアップができなくなっていました。つまり「自由に発言する権利」が奪われていたのでした。

この掲示板は高知県の県費を使った公共のもの、建物で言えば県の施設というもの。県立図書館を利用する権利、県立学校で学べる権利、県道を歩ける権利等々、例えて言えば、それらと同じ権利がまるで根拠の希薄な理由で奪い取られたのでした。

私がぷらっとこうちに投稿したものを削除し発言権を停止した理由としては、

【削除理由】書き込み内容に、個人の中傷にあたる部分があったため とあり

> 109-8] 事務局からのお知らせ ぷらっとこうち 事務局 2003/09/15(Mon) 03:26:41
>
> 上の書き込みは、事実でない部分がありましたので保留(削除検討中)とさせていただきました。
>
との運営者から表明がありました。

しかしながらどの部分が誰の、個人のどういった中傷にあたるのかは具体的にふれられていませんでしたし、事実でないか、事実かどうかは断定できるだけの反証もありませんでした。
例えそこに思いこみがあったとして、事実でないとしても、それが県民の発言権を奪うべきほどのものなのでしょうか。

こうした強権を県民と向き合うべき「高知県総務部行政経営改革室」が発動できるものなのでしょうか。

削除対象で問題とされた発言内容を次に掲載します。
ぷらっとこうちでは、現在その発言は消されたままとなっています。
ただ、この発言内容よりも、もっと下品で露骨に誹謗中傷にあたる発言はいくらでも見受けられます。

ただ有無も言わさず発言権を奪い取られたのは今日現在まで私一人だけです。

皆様も一度ごらんになってみてください。
これが高知県の行う公共掲示板 の実態です。
[PR]

by ziyuu3 | 2004-09-22 14:40 | 高知県の公共掲示板


<< 高知県民の発言権停止の元となっ...      高知県総務部行政経営改革室から... >>